管理者カスタムフォント| TehnoBlog.org

管理者カスタムフォント| TehnoBlog.org

説明

管理カスタムフォントプラグインを使用すると、WordPress管理ダッシュボードのデフォルト/工場出荷時のフォントを数百の異なるGoogleフォントに置き換えることができます。

管理ダッシュボード>設定>管理フォントにアクセスして、フォントの種類とスタイルをカスタマイズします。

なぜこのプラグイン?

最新のWordPressバージョン4.6では、新しい管理システムのフォント変更が導入され、「従来の」Open-Sansフォントフェースタイプ
(3.8で導入された)から移行しましたこれにより、コアファイルを変更せずに古いルックアンドフィールを復元するために、シンプルで強力な管理カスタムフォントプラグインを作成するようになりました。

プラグインバージョン2.4.0リリース以降、すべてのGoogleフォントの完全なリストから選択し、デフォルトのフォントサイズとフォントの太さのスタイルを上書きできるようになりました。

最も人気のあるGoogleフォントタイプ(顔)が含まれています:OpenSans、DroidSans、PT Sans、Roboto、Exo、Play、Lato、Quantico、Orbitron、Maven Pro、特定の世界言語用に設計されたフォントなど!

フォント選択プロセスを合理化してより効率的にするために、30以上の厳選された、最も人気のある美しいGoogle Fontsがグループ化され、膨大な選択リストの一番上にリストされています。最初にこれらのフォントのいくつかを試してから、後で利用可能なコレクションの残りを調べる必要があります。

記事を読む:
http //tehnoblog.org/how-to-change-font-in-wordpress-admin-dashboard/

ウェブサイト

http://tehnoblog.org/

インストール

  1. 管理カスタムフォントプラグインをダウンロード
  2. zip形式のアーカイブを抽出します
  3. ディレクトリ ‘admin-custom-font`をWordPressインストールの’ wp-content / plugins ‘ディレクトリにアップロードします
  4. WordPress管理者の「プラグイン」ページからプラグインをアクティブ化します
  5. 管理ダッシュボード>設定>管理フォントにアクセスして、フォントの種類とスタイルをカスタマイズします

プラグインの作者

TehnoBlog.org

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/admin-custom-font/
Admin Custom Fontプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す