ロコ翻訳| ティムホイットロック

ロコ翻訳| ティムホイットロック

説明

Loco Translateは、WordPress翻訳ファイルのブラウザー内編集と自動翻訳サービスとの統合を提供します。

また、文字列の抽出やテンプレートの生成など、開発者向けのGettext /ローカリゼーションツールも提供します。

機能は次のとおりです。

  • WordPress管理者内の組み込みの翻訳エディター
  • DeepL、Google、Microsoft、Yandexなどの翻訳APIとの統合
  • テーマまたはプラグインで直接言語ファイルを作成および更新します
  • ソースコードからの翻訳可能な文字列の抽出
  • システムでGettextを必要としないネイティブMOファイルのコンパイル
  • コメント、参照、複数形などのPO機能のサポート
  • クリック可能なソースコード参照を含むPOソースビュー
  • カスタム翻訳を保存するための保護された言語ディレクトリ
  • 差分および復元機能を備えた構成可能なPOファイルのバックアップ
  • 組み込みのWordPressロケールコード

公式ロコティム・ホイットロックでプラグインワードプレス。
詳細については、プラグインページをご覧ください

キーボードショートカット

POファイルエディタは、翻訳を高速化するために次のキーボードショートカットをサポートしています。

  • 完了して次へ: Ctrl ↵
  • 次の文字列: Ctrl ↓
  • 前の文字列: Ctrl ↑
  • 次の未翻訳: Shift Ctrl ↓
  • 以前の未翻訳: Shift Ctrl ↑
  • ソーステキストからコピー: Ctrl B
  • 明確な翻訳: Ctrl K
  • トグルファジー: Ctrl U
  • POの保存/ MOのコンパイル: Ctrl S
  • 非表示を切り替えます: Shift Ctrl I
  • 翻訳を提案する: Ctrl J

MacユーザーはCtrlの代わりに⌘Cmdを使用できます。

インストール

基本的な使用法:

翻訳者:テーマを自分の言語に翻訳するには、次の手順に従います。

  1. で保護された言語ディレクトリを作成します wp-content/languages/loco/themes
  2. このディレクトリがWebサーバーによって書き込み可能であることを確認してください
  3. Loco Translate> Themesのリストでテーマを見つけてください
  4. + New language画面の指示をクリックしてそれに従います。

開発者:配布用に独自のテーマまたはプラグインを翻訳するには、次の手順に従います。

  1. languagesバンドルのルートディレクトリにサブディレクトリを作成します
  2. このディレクトリがWebサーバーによって書き込み可能であることを確認してください
  3. Loco Translate> ThemesまたはLocoTranslate> Pluginsのいずれかでバンドルを見つけます
  4. + Create template画面の指示をクリックしてそれに従い、文字列を抽出します。
  5. + New language画面の指示をクリックしてそれに従い、独自の翻訳を追加します。

手動でインストールする:

  1. すべてのファイルをwp-content/plugins/loco-translateディレクトリに解凍します
  2. WordPress管理者にログインし、「プラグイン」メニューから「LocoTranslate」プラグインをアクティブ化します
  3. 移動ロコホーム>翻訳翻訳を開始するために左側のメニューで

プラグインの使用の詳細については、こちらをご覧ください

プラグインの作者

ティムホイットロック

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/loco-translate/
Loco Translateプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す